台風ばかりで嫌ですねぇ。子供の時には、大雨とか大風とか、嵐のような日はそれだけでなんだかワクワクしたものですが、今はそれよりも、サッカーがしたいです。今日も、キッズパワーさんとの試合の予定でしたが、天候及びグランド不良のため流れてしまいました。

 

代わりに今日は、1・2年生はFC東京パークの屋内コートをとって練習をしました。この2週間ほどは、どの学年も、最初のテクニックドリルを一新して行っています。以下、その動画です。

動画は1分間ですが、実際にはこの系統の練習を毎回40分~50分ほどいれています。身体を動くようにする、というのを強く押し出した練習です。動画の中でちょっとコーチングの声も入っていますが、動きを「習慣」にすること、それがこの練習の一つの目標です。また、この練習は2~4人一組で行うので、1分あたりのタッチ数、運動量はばっちり確保できます。この練習の後は、対人・グループでのトレーニングに移行します。

 

動画ではちょうど、クライターン・フック(C・ロナターンと私は勝手に呼んでいます)のフェイント課題をやっている所です。40分で10種目くらいやるのですが、動画のコレは、選手が難しがっているものの一つです。動画見てわかる通り、苦戦していますね。これを、何回も何回も繰り返して修正をかけていくことによって、身体が賢くなって、当たり前に動けるようになってきます。もちろん、取り組み方によってその習得・上達速度はまちまちだとは思いますが。

 

プレースピードを強く要求されるようになっている現代サッカー。プレースピードと言ったとき、「判断」のことばかりが出てきます。しかし、頭の中だけを早くしても、実行する身体がその速度を出せなければプレースピードを上げることはできません。頭と身体、両方のアプローチからプレースピードの向上を図っています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

U-15地域交流大会、ここまでは2勝1敗――内容的に、初戦からだんだん良くなっているのが嬉しいところ。今日はここまでの3ゲームを、活動内容と絡めて総括してみます。

 

この3~4週間のうちにU-14、U-15の選手ともに明らかに良くなったのは、「ボールを奪う能力」です。特に前線でのプレッシングは、非常に良くなり、どのゲームでもこれはかなり有利に働いていました。そして二つ目にGKの能力の向上。この2点が、この期間で一気に変わった部分です。

 

実はU-14は8月9日に行ったクレセル戦以降、その部分に取り組んでいました。あのゲームでは、ボールを奪いに行けず、それが原因で主導権を握れませんでした。一方U-15の方、三年生も8月中旬では「ボールを奪う」に取り組んでいました。8月22日に高円宮杯――FC目黒戦では、まだ未完成ながら、その前半では良いプレッシングをかけることができていました。後半それができなかったことが、この試合での最も大きな敗因でした。U-14もU-15も悔しい敗北をしましたが、振り返ると、これが良い薬になったのだろうと思います。

 

U-15の方では、招集されている2年生が非常に良いパフォーマンスを見せています。一方三年生も、先日のレッドスター戦ではメンタル部分の成長が見られました。それは前半、0-3と点差を広げられた後も、「戦う」ことをやめなかった点です。それが後半、2点を取り返し、雰囲気を作って、逆転できるかもしれない所まで試合を持って行けた原動力でした。前半の最初の15分は、今までの試合にない主導権争いの迫力が随所にあり、見ごたえがありました。エルシエロ戦ではそこで点を決めることができ、レッドスター戦では点までは取れませんでした。が、レッドスター戦、先制点を取られたあとも、戦う姿勢が崩れなかったことは、本当に成長したのを感じました。

 

一方、改善点も明確に出てきています。カフリンガ戦、エルシエロ戦と、2点を序盤にリードしておきながら、そういう展開に慣れていないせいか、有利なはずなのに不利な局面を増やしてしまいました。ただ、そういったゲームをここで経験できたので、次同じ場面になったときは、もう少しリラックスして戦えるのではないかと思います。

 

もう一つ、この期間で自分も実感したことがあります。それは、「個の育成」についてです。U-15,U-14のゲームの中で、「ボールを奪いに行けるようになった」、「点を取れるようになった」というと、戦術がそう機能したように感じてしまいがちですが、実際は、そうではありませんでした。ボールを奪えるようになった選手が出てきた、決定力の上がった選手が出てきた、GKが上達した、だから勝てた――チーム全体で、というより、個人の能力が上がったから戦術も機能するし、結果も出た、順序としては、そんな感じです。実際、チームとしては「奪いに行く」というテーマで取り組んでいても、その力のまだ未熟な選手は、その場所からピンチを作られ、そこがチームの急所となっていました。

 

つまりどういうことかというと、「全体をうまくする」というぼんやりした考え方では「チームの成長」はできない、というのがこの一か月の私の強い実感です。1人、2人の選手の成長がチームの勝敗に直結していました。思えば今までもそうでした。意欲的に取り組んでいる選手を上手くする、選手が一人伸びれば、それがそのままチームの成長になる――。よく、「個に頼ってる」という言葉は、サッカーを評論するときに、悪い意味で使われたりしますが、「頼れる個を育成する」のが育成の至上命題ではないかと思うのです。

 

そんなことがわかってきたこの一か月、今週からまたトレーニングです。「底上げ」「全体」と考えると、「無理やり」になってしまいます。でもそれは、もしかすると互いにとって不幸かもしれません。種はまくけれど、まだ芽が出ないなら、水はやりすぎない――。選手が「気づいた」時に背中を押してあげる、それくらいがいいのかもしれません。決して熱量の低い練習をしているわけではないですが、結局は選手の「上手くなりたい」が上達の土台にあるので、指導者としては、選手のその熱量の見極め、背中を押すタイミングの見極め、そこかなと思っています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

久しぶりの更新!

実は、今後動画編集をすることも見据えて、ちょっと優秀なPCを買ったのですが、旧PC→新PCへのデータ引っ越しの際、なんと――このブログのIDとパスワードを紛失していました。それをやっとさっき見つけて、こうしてブログの更新を再開できた次第です。(諦めて別のブログに登録している所でした💦)

 

よく選手が(最近はあまり無いですが)、練習後自転車の鍵をなくしてあたふたしていることがあって、そんな時は「ちゃんと管理しときなさい」的なことを言っていますが――今回は完全に、そういう時の選手の気持ちでした……。

 

さて、ブログを更新できなかったこの20日あまり、たくさん試合やりました。U-15高円宮杯後は、U-15は地域交流大会、U-14は練習試合2試合。どの学年も、じっくり良くなっています。育成年代、でもサッカーは勝負、身体能力の差が最も顕著な世代、できることと・物理的に不可能なことがある、でもサッカーは勝負! そんなジレンマの中、毎日過ごしています(笑)

 

さて、選手はというと、三年生は高校に向けて勉強と、そして高校見学、体験練習、セレクション、頑張っています。ちょっと大人の顔つきになってきたように思います。1・2年生は夏を終えて今、自分を見つめる勇気が試されています。上達には何が必要なのか――。アドバイスや指摘は、時につらいものです。それを飲み込めるかどうか……。

 

指導者としてもここは難しいところです。指摘を受け入れる準備のできている選手には指摘をする、その準備がない選手にはしない――というスタンスを取るべきか、否か。サッカーは11人制。穴があれば、負ける。だから勝つために、無理にでもやらせようとしてしまう。でもそれは、どうなのだろうか。無理にやらせようとするから嫌になってしまうのなら、言わずに、見守るだけに留めるべきなのか。そうしたときに、チームの秩序はどうなるだろうか。ここも非常に、ジレンマです。

 

近頃、そのことを考えていると「教育は忍耐だよ」と、小学生時代にお世話になった先生の言葉を思い出すようになりました。「啐啄」(そったく)という言葉があります。卵の中にいる雛がコツコツと卵を叩く音、その音を聞いて、親鳥が外からちょっと助けてやる。そういう言葉です。選手・子供が「その気になったとき」に、大人・指導者はそっと背中を押してやる――。つまりそれは、まだその気になっていない雛は、機が熟すまで見守るということです。ここが、「教育は忍耐だよ」の意味なのではないかと気が付き始めました。本人を説得するのではなく、本人が気が付き始めたときに後押しする――確かに、「成長」したのはそういう時だったかもしれません。

 

「これ、やろうと思うんだけど」に対して、「いいじゃない。やりなよ!」という一言を言ってくれた大人、「やろうと思うんだけど」と自分が言うまで粘り強く見守ってくれた大人、その人たちに自分も「成長」させてもらっていたのかなと、いま改めて思います。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

三年生、高円宮杯。

今年は高円宮杯、最初からトーナメント戦です。

昨日は第一試合、FC目黒さんとの対戦でした。

 

結果:2-3

残念ながら、負けてしまいました。

 

とても見ごたえのあるゲームで、日中の暑い時間のゲームながら、選手たち頑張っていました。それだけに、勝ちたいゲームでした。サッカー勝負の世界なので、「頑張った」というのは当たり前でそれは評価の前提です。が――それでも、良いゲームだったと思います。負けて「良いゲーム」というのも語弊があるかもしれませんが。

 

攻撃的なフォーメーションとシステムで戦いながら、大事な場面で点が取れなかった、勝ちきるには前線の攻守の力が不足していた――かなりざっくりですが、それが、このゲームの敗因だったと思います。終わった後、選手たちは落ち込んでいましたが、落ち込んで帰って、落ち込んで次の練習をやるのよりは、ギラついた状態でいてほしいと思ったので、上に書いたようなことを、選手にははっきり伝えました。

 

それで悔しいと思って、真剣な練習を積んでほしいと思っています。まだみんな、上手く・強くなれます。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

今日は三年生、クラーク高校のフットサルの練習にお邪魔させていただきました。フットサルならではの足の裏を使ったファーストタッチ、方向転換の身体操作、最後はゲームもやらせてもらいました。

 

時間は90分でしたが、とても充実した内容でした。サッカーでは、ファーストタッチを足の裏でやることは少ないですが、その体の動かし方や、テクニックに対する考え方などは、私たちコーチも勉強をさせてもらいました。選手も、それぞれに良い学びがあったのではないかとおもいます。

クラーク高校の皆さん、今日はありがとうございました。また是非、機会があればよろしくお願いします。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

今日の1・2年生は、技を「作る」練習のあと、5vs5のゲームを行いました。ゲームメインの練習です。ゲームの中で、ここ最近やっている「奪う守備・アプローチ」を活用し勝利に貢献している選手も出てきました。今日は3チーム分けの5vs5のミニゲームをしましたが、当然、優勝は1チームだけ、あとは「負け」です。なぜ優勝できなかったのか、勝ちきれなかったのか、ゲームを振り返ったときに、本気なら必ず、技術的要素に行き着くはずです。それがオンザボールのスキルなのか、オフザボールなのか、守備スキルなのか、それは、まずは選手が分析してほしいと思っています。

 

今週金曜日も、ゲームの時間をしっかりとります。1・2年生はまた、4vs4か、5vs5をやろうと思っています。当然ゲーム前には、技術的なトレーニングを入れます。各選手、自分のトレーニングすべきテクニック要素をしっかり、その中で 高めていってほしいと思います。

 

ゲーム後は15分間、2年生は走りました。夕方はだいぶ涼しくなってきたので、今日のランニングのトレーニングの中で、選手もその必要性を感じ取ってくれていることだろうと思います。自分の思ったように、楽なようにやろう――だけではサッカー、うまくなれません。そのために、コーチがいます。ちょっとキツめの練習もしますが、それは、うまくなるために絶対に必要なことです。そういう意識で、取り組んでいってほしいと思っています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
火
18
8月
11:37 PM

お盆休み明け、2年生と3年生は最初の練習です。

1年生は、実は昨日がスタートでした。

 

本日2年生は、先週火曜に引き続き、「自分で奪う」という守備の練習を行いました。疲労で練習途中でのダウンが4名……1vs1メニューがハードだったようです。体力もつけないといけませんね。明日水曜日は、ゲームメインでいこうと思っています。

 

3年生、高円宮杯を今週土曜日に控えた練習、最後は数名の二年生+コーチを入れて、11人制のゲームを行いました。ここまできたらあとは戦う気持ち。「勝負」にどれくらいこだわれるか、そこ次第です。公式戦はコーチを含めてチーム一丸、皆で勝ちに行きたいです。三年生、まだ足りないぞ! 試合前にヘラヘラ笑ってんじゃない! 今日負けたチーム、そんなんじゃまた負けるぞ! ――そんなことを、今日は直接選手に言いました。

 

本当に、勝ってほしい、それだけです。高円宮は一発勝負。日中のゲーム。逆転できるだけの底力を持ってるんだから、もっと勝負に食らいつくんだ、三年生!

 

追伸

先週の父兄サッカー、たくさんのご参加ありがとうございました。とてももりあがり、私も楽しませてもらいました。今週金曜日にまた行いますので、是非是非、たくさんのご参加、お待ちしております。(写真撮るの忘れて今更ショック……)

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
月
10
8月
12:23 AM

今日はU-14の試合。

FCクレセルさん、ありがとうございました。また是非、よろしくお願いします。

 

さて、試合の結果ですが……5本中5本とも負けでした。特に試合の1本目、2本目は、前半・後半と考えて取り組んでいるので、最初の試合は1-4の負け。他のゲームも、点を奪えず、失点を重ねました。

 

選手向けの試合レポートを書きながら試合を振り返ると、何がどうだったのか、多くのことが明確になってきます。でもそんな冷静な分析だとか、次回に対してどうだとか、負け試合の後ではブログにも書きたくないので今日は書かないことにします。負けて、のこのこ家に帰ってこのブログを書いているということが情けなくなります。

 

選手へ

試合レポートにも書いたとおり、負け試合ながら、その中でも良い部分はありました。練習自体の強度・集中力も上がっているのは確かです。課題も見えているので、今は粘り強く練習を重ねましょう。良くなってきている中、勝てる采配が出来なくてごめん。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
土
8
8月
11:36 PM

三年生、試合。

今日はRioさんが来てくれました。

ありがとうございました(゚゚)(。。)ペコッ

 

今日のゲームは、今週一週間の練習成果がしっかり出た、良いゲームになりました。一人、救急車で運ばれるという怪我(骨折でした)もありましたが、試合は、しっかり良い試合でした。

 

何が良かったか、悪かったか、試合の分析などは……ちょっと、公式戦前なのでナイショにします。が、選手向けのマッチレポートにはちゃんと書いているので、選手には、それを確認してもらいたいと思います。

 

勝つために戦う、ということの追求――ブログには度々書いていますが、三年生にはそれが、このクラブでの最後の課題です。良いゲームをしたあとは、反省もしやすいはずです。しっかり、自分の成長のことを考えてほしいと思います。

 

今日は以上です! 良い酒が飲めます。

明日は1・2年生の試合。何を見せてくれるか、期待です。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
金
7
8月
10:26 PM

三年生、昨日(6日木曜日)は「守備時の判断能力の向上」をテーマに練習をしました。ボールホルダーにアプローチを駆け、奪いに行った方が良いのか、そうではないのか。また、アプローチはどれくらいの速度でいくのか、誰が行くのか、などを選手が「考えないと負ける」設定で行いました。ここからアプローチを駆ける、ここは行くな、というボード上の決め打ちではなく、実際の試合――相手がいる試合の中で「勝利」に対して最善の判断を個々が下せるように、というのが今の三年生のトレーニング課題です。この部分が、HIBARI FC U-15最後の試練、課題になります。各選手、きっと課題を「突きつけられている」状態だと思います。本気で取り組まないと、その判断・サッカーの本質は掴めません。逃げるのか、それとも、なにクソと思って立ち向かうのか……今日の練習は、昨日の守備の練習を土台に、試合をたくさんしました。全ては明日です。明日、どういう試合が出来るのか、各選手、何を思ってやってくるのか、グランドで何をやってくれるのか……楽しみです。

 

一年生・二年生は、テクニックの練習をしたあとは3vs3、4vs4のゲームという流れで練習をしました。試合からの逆算で、テクニックを我が物にしようと打ち込むか、そうではないか――それが、今週末の試合に現れると思います。今日に限って言えば、前回の練習よりは、ゲームに勝つためにテクニックを使えていましたが、コーチチームにはほとんど勝てませんでした。これを、「コーチが相手だからしょうがないね」と思うのか、本気で悔しいと思って、日曜日の試合、何かを見せてくれるのか、選手の真価が問われます。

 

どの学年も、指摘を受けてふてくされる選手もいます。試合中に諦めた態度、弱みを見せる選手もいます。人間がやっていることなので、、そういう瞬間もあるのは、コーチ陣も十分理解しています。コーチ達だって、通ってきた道です。でも、だったら、自分はどうするんだ! と、自分に矢印を向けて考えないと、何かの上達はないと思います。諦めて、ふて腐れて、それで終わる人間で良いのか、それで終わるサッカー選手で良いのか、ということです。プライド――サッカー選手としての意地を試合では見せてほしいと思います。

 

ただの練習試合ではありません。どのゲームも、うちのクラブにとっては「公式戦」です。勝ちをもぎ取りましょう。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ